久元 喜造ブログ

2019年9月15日
から 久元喜造

山之内克子『物語 オーストリアの歴史』


神戸市外国語大学の山之内克子教授の近著です。
「9つの州がつむぐ1000年」と帯にあるように、各州の地域特性と歴史が章立てされ、味わい深く語られます。
改めて感じることは、オーストリアが複雑な多民族国家であることです。
オーストリアを舞台に、多くの民族が移動と定住を繰り返し、今の各州がつくられていきました。
各州では、長い歴史の中で、民族間の敵対、抗争、融和が展開されてきました。

周辺諸国との確執も繰り返されます。
オスマン・トルコ帝国は、繰り返しオーストリアへの侵入を試みますが、その最前線に立ったのが、今日オーストリアの最東部に位置するブルゲンラントでした。
この地を支配したエステルハージ家については、作曲家ヨーゼフ・ハイドンの庇護者という程度の認識しかなかったのですが、オーストリアをトルコの侵略から守る上で、大きな役割を果たしたことを知りました。
また、長くイタリアとの確執の舞台であったティロルの歴史は、とくに前世紀前半、イタリア・ファシズムとナチス・ドイツの支配の狭間にあっただけに、過酷なものでした。

民族間の対立は、今日もオーストリアの政治に影を落としています。
国際的にも知られた「極右」政党、自由党を率いたイェルク・ハイダーは、陽光が降り注ぐリゾート地、ケルンテンの州知事を務めました。
ケルンテンが「極右」勢力の拠点となった背景には、長く続いてきたドイツ系住民とスロヴェニア系住民との対立があったことが、第1次世界大戦後の国際政治との関連も含めて、分かり易く描かれます。

美しい自然、景観と音楽など豊かな文化で知られるオーストリアの歴史は、なかなか一筋縄ではいかないことがよく理解できました。


2019年9月5日
から 久元喜造

案内板・外国語表記の点検


国際都市・神戸は、外国人のみなさんにとっても、住みやすく、便利な街でありたいです。
看板、サイン、デジタルサイネージなどでの情報提供も、外国人にとり、分かりやすい表示が求められます。
そこで神戸市では、2017年(平成29年)に「案内サイン共通仕様書」を一新し、英語表記方法も含めて表示基準を定め、情報内容やデザインに共通性や連続性を持たせたサイン整備を進めることにしました。

しかし、まちなかにある案内サインなどを見ると、英語表記の意味が分かりにくく、不親切で不適切な例が見られ、投書などで指摘をいただくことがあります。
私自身、首をかしげるような表記を目にします。
職員に三宮周辺を歩いてもらったのですが、少し調査しただけでも、不適切のものがすぐに見つかりました。
上の写真では、「三宮センター街東口」が、3種類の異なる表記になっています。
下の写真は、どうみても翻訳が不十分で、これでは目的地にたどり着けないでしょう。

そこで、情報共有アプリ「KOBEぽすと」を活用し、まちなかのサインの外国語表記(英語・中国語・韓国語)について、チェックをしていただくことにしました。
まずは、登録ユーザー、ネットモニター、留学生のみなさんに投稿をお願いしていますが、幅広い市民のみなさんにも参加していただきたいと考えています。
具体的には、「案内板外国語チェックのお願い」をご覧ください。

もちろん、このような現状は、私を含め市職員が問題意識をもって改めていかなければなりません。
その上で市民のみなさんにもこの作業に参画していただき、スピーディーに改善していきたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いいたします。


2019年9月2日
から 久元喜造

松原隆一郎『頼介伝』


著者は、著名な経済学者。
1956年、神戸市東灘区生まれ、灘中・灘高を経て東京大学工学部に進学しますが、転じて経済学の道に進みます。
本書は、著者の祖父、松原頼介(1897~1988)の評伝です。
出版元の苦楽堂からいただき、今年の盆休みに紐解いたのですが、あまりに面白く、一気に読み終えました。
そこには、大正末期から戦後の神戸が、今でいう起業家、松原頼介の生きざまを通して生き生きと描かれていました。

松原頼介は、山口県生まれ。
十代でフィリピンのダバオに渡り、帰国して上陸したのが神戸でした。
1918年(大正7年)、第1次世界大戦後の好景気に沸く、今の兵庫区東出町に住み付きます。
1922年(大正11年)、合資会社松原商會を設立。
以後、神戸の地でさまざまな事業を起こし、激動の時代の荒波に乗り出していきました。
1931年(昭和6年)、紡績工場を武庫郡本庄村西青木に設立。
以後、満州鉄道との取引で大成功を収めます。
筆者は、丹念に資料を渉猟し、満鉄との取引などその実態を明らかにしていきます。

戦後は製鉄所で大成功し、阪神モダニズムの世界にも身を置きますが、1970年代に入ってからの事業拡大路線は失敗。
1976年(昭和51年)松原頼助の大和電機製綱は、川崎製鉄の傘下に入ったのでした。
1988年(昭和63年)逝去。

著者にとり『頼介伝』は、祖父と出会い直す物語であり、「神戸市とは何か」を理解する旅でもあったようです。
「終章 神戸についての省察」は、祖父の実像を探し求める旅から獲得された、奥行きの深い神戸論です。
同じ年代の神戸人として、この街の苦闘に想いを馳せ、言い知れぬ感動を覚えました。


2019年8月22日
から 久元喜造

日経新聞「タワマン」記事


今日の日経新聞全国面(2面)に、「人口減でもタワマンに頼らず」「神戸市、中心部で新築禁止」「郊外の持続的発展目指す」との見出しで、神戸の取り組みが紹介されています。
「全国の都市部で高まるタワーマンション人気をよそに、神戸市は2020年7月に中心部で建設を禁じるなど二重三重の規制に乗り出す」との書き出しで、規制の内容などに言及しています。
記事にあるように、三宮駅周辺が大阪のベッドタウン化し、商業施設やオフィスの集積に影響が出ないようにしなければなりません。
都心居住に対するニーズを踏まえながら、街づくりを進め、郊外の活性化を図るなどバランスの取れた街づくりを進めていきます。

また、分譲型タワマンについては、適切に管理がなされ、将来の大規模修繕に備えていくことが不可欠です。
こうしたことから、神戸市では、記事のとおり、タワマンも含めたマンションの管理組合の運営状況や修繕積立金の計画をチェックして認証する仕組みの構築を目指し、有識者による検討を始めました。
記事では、2021年度とありますが、何とか来年度中にスタートさせることができないか、作業を加速させていきます。
何十年後かに中心部が一気に老いて、郊外が過疎化、荒廃するのは悪夢だ」という私のコメントも掲載されていました。
愛する神戸の街が将来、荒れ果てた惨状をさらすようなことになれば、戦災や震災を乗り越えて神戸の街をつくりあげてきた先人にも顔向けできません。
規制に対する懸念の声も掲載されていましたので、さまざまなご意見をしっかりお伺いしながら、持続可能なマンション管理、まちづくりに関する施策を進めていきたいと考えています。


2019年8月17日
から 久元喜造

高村薫『四人組がいた。』


市町村合併で市に編入された、山奥の旧村が舞台。
旧バス道沿いの郵便局兼集会所に集まり、一日中、茶飲み話に耽る四人の高齢者が主人公です。
元村長と元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。
ゆったりとした、退屈な時間が流れていくのですが、外から訪問者が現れると、四人は高齢者とは思えないテンポで毒舌を浴びせ、意表を突く、驚くべき行動に出ます。
タヌキ、鹿、熊、それにどういうわけかダチョウも現れ、キャベツたちもがわさわさ行進を始めます。
荒唐無稽、突拍子もない物語が、とてつもないスピード感で展開されていきます。
それにしても、『マークスの山』などでの重厚な文体とはまったく異なる、軽妙な筆致に驚き、圧倒されました。

この小説では、過疎地域の現状のみならず、あらゆる社会事象が風刺の対象になります。
帯によれば「現代日本が抱える矛盾をブラックな笑いであぶりだす快作」です。

市長も容赦なくやり玉にあげれます。
三十代で新しく市長になった通称「ヘリウム」が思いつきでぶち上げたのが「子育て世代にやさしい田舎宣言」。
その一環として、市長は新しい保育所の開設を提案するのですが、ご多分にもれず、市は金欠で予算もない。
そこで、市長は、ほとんど出費ゼロですませられる方法として、保育所を旧村役場に開設。市内の児童を毎朝マイクロバスで山へ運び、夕刻にまた麓へ送り届けることにします。
即断即決で、僻地保育所兼老人デイサービスセンター『子育てのカオス&あの世にもっとも近い姥捨苑』がオープン。
四人組をはじめとする「ジジババども」、運ばれたきた保育園児たちに、タヌキたちも参戦し、まさにカオスの世界が繰り広げられるのでした。


2019年8月12日
から 久元喜造

坂爪真吾『「身体を売る彼女たち」の事情』


本書で語られる日常は、これまでまったく知らない世界でした。
「JKビジネス」「派遣型リフレ」という言葉も知りませんでした。
しかし、かなりの数の女性たちが、生きるためにこの世界で働いています。
行政が福祉の立場から関わらなくてもよいのか、関心を持たなくてもよいのか・・・

帯には、「生活保護は、絶対嫌です」とあります。
「彼女の決断の裏側には何があるのか?」
本書には、行政の側に存在する理由について、端的にこう説明します。

「福祉は、利用に当たって徹底的に過去を問われる世界だ。所得証明、扶養照会、医師による診断書や初診日証明、家族関係や離婚歴まで、それぞれの全ての履歴を書面で可視化することが要求される」
「生活保護を申請すると、資力調査や扶養照会が行われ、個人の収入や預貯金、資産、家族関係、就労能力まで全てが丸裸にされる」

本書には、「いびつな共助」という耳慣れない言葉がひんぱんに登場します。
この世界には、そこで生きている女性たちに、日々の生活に必要な現金を提供するのみならず、彼女たちのプライバシーを守り、ときには居心地がよい空間を提供する「共助」の仕組みがあるというのです。
同時に、そこは外の世界と隔絶されており、さまざまなリスクや理不尽が存在します。

著者は、この世界で働く人々のための無料生活・法律相談サービスを行う「風テラス」で活動しておられます。
「繁華街の風紀や性道徳を守る」から「現場で働いている人の権利を守る」へのパラダイムシフトの必要性を指摘されます。
区役所のケースワーカーのみなさんと意見交換をするとき、本書で紹介されている現実を話題にするのがよいのかどうか、正直、判断に迷います。


2019年8月4日
から 久元喜造

組体操は見合わせてほしい。


神戸でも、小中学校の体育祭などで「組体操」が行われてきました。
一部の保護者が拍手喝さいし、人気があるようですが、これまで数多くの事故が発生しています。
骨折事故が、過去3年間に、123件も発生しています。
このような状況は、深刻に受け止めるべきではないでしょうか。
組体操の上部から落下したり、押しつぶされたして骨折すると、命の危険、また後遺症につながる可能性があります。
組体操をやめさせてほしい、という切実な願いをたくさんいただいています。

このようなことから、私はかねてより、組体操の中止を教育委員会に求め、このような姿勢を公にも明らかにしてきました。(令和元年7月11日の記者会見
しかしながら、教育委員会は、十分な安全対策を講じるとしたうえで、組体操の継続を決めました。
説明に訪れた教育委員会幹部は、その理由として、もう秋に向けて組体操の準備を始めており、見合わせることにすると学校現場が混乱する、もし事故が起きれば、その状況を見て、今後の対応を考えるとの立場を説明されました。
大いに疑問です。
子供は、教育員会の実験の対象ではありません。
生きた人間なのです。
子供の命と安全は、何よりも大切にされなければなりません。

こうしたことから、8月2日、教育委員会に対し、「組体操が安全な状態で実施できないと判断する場合には、実施を見合わせて頂くよう」、文書で強く要請しました。
教育委員会には、これまでの頑なな態度を見直していただくよう、改めてお願い申し上げます。
また、小中学校の校長先生にも、先生方の負担の大きさにも想いを馳せていただき、真に子供たちのためになる対応を行っていただくよう期待いたします。


2019年7月31日
から 久元喜造

黒田武一郎『地方交付税を考える』


「地方交付税」という言葉は、小中学校の教科書にも出てきました。
「国庫支出金」との違いが教科書の説明では理解できず、もやもやした気分になったことを想い起します。
仕事で地方自治の道を選び、地方自治体の財政部局に三度配属され、地方交付税は身近な存在になったのですが、いまでも十分に理解できているという自信はありません。
なぜそう感じるのかというと、「地方交付税」について、分かり易く説明できないからです。
札幌市で財政局長をしていたとき、市政クラブの記者さんから、「地方交付税って何ですか?」と質問されたとき、的確な答えができず「本当に自分はわかっていないなあ」とつくづく感じ、悲しくなりました。
本当にわかっていないと、平易な言葉で語ることはできないものです。

本書は、この難解な「地方交付税」について、分かり易く語ってくれます。
それは、語り口の妙ではなく、著者が、地方交付税について知り尽くしているからです。
この制度について、徹底的に考え抜き、良いものにするために格闘してきたからではないかと思います。

多少は知っているつもりでしたが、本書を読んで新しい発見もありました。
それは「留保財源」の重要性です。
留保財源率は、自治体関係者から見れば所与の存在で、議論の余地がないのですが、そのありようが交付税制度の根幹をなしていることを改めて認識できました。

おそらく、本書以上に「地方交付税」を分かり易く語ってくれる書籍はないでしょう。
同時に、地方自治体で財政に携わる者に対しても、改めて地方交付税の本質とその存在の大きさ、地方交付税を通して見えてくる地方財政の現在について、大きな示唆と刺激を与えてくれる好著です。


2019年7月23日
から 久元喜造

夏休みの自由研究を手伝います。


前々回の『ネットモニターと市長との対話フォーラム』に、小学生がお母さんと一緒に参加してくれました。
そして、「神戸のことを自由研究で調べたいのですが、どこに聞けばいいですか?」と、私に質問しました。
私は「小中学生のみなさんが神戸のことを調べるときに、何かお手伝いできることを考えましょう」と答えました。

神戸市ウェブサイト を改めて確認したところ、適当なページはありません。
そこで、ふるさとの神戸のことをもっと知ってほしいと考え、子ども向けホームページ「こうべキッズページ」を開設しました。
「こうべキッズ百科」として、市の概要をはじめ、神戸の文化、交通、産業、生活・自然、国際交流、歴史、特産品の8分野を、画像なども含め、分かりやすい表現で紹介。
充実した内容となっています。

さらに夏休みだけの特別なページ「夏休みの宿題はおまかせ!」と題し、自由研究などに役立つ「イベント情報」や「学べる施設」を紹介しています。
「イベント情報」は、現在申し込める最新のイベント情報を、毎週更新しています。
「学べる施設」は、王子動物園、須磨海浜水族園など市の施設のほか、六甲高山植物園、神戸どうぶつ王国など民間施設まで、23施設を集めて紹介しています。

さらに、子どもたちの相談に直接答えることができるよう、教育委員会にお願いして、初めて「夏休み自由研究お悩み相談室」を設置しました。
教員OBなどの「学ぶ力・生きる力向上支援員」のみなさんが、小学生に自由研究の進め方や調べ方のアドバイスをします。
予約が必要で、今年の募集期間は終了していますが、来年は、事前予約なしに相談に応じることができないか、検討したいと思います。


2019年7月15日
から 久元喜造

創造性を大いに発揮してほしい。


2019年度の神戸市職員採用試験から「デザイン・クリエイティブ枠」を設けました。
美術や音楽、映像、デザインなど芸術分野の素養を備えたみなさんに入ってきていただき、人材の多様化を図ることが目的です。(2018年11月26日のブログ
数名程度の募集に対し、93名もの申し込みがあり、手ごたえを感じています。

芸術系の大学や専門学校を出た、これまでとは違うタイプのみなさんを市役所に迎え、事務職、技術職などの職員と一緒に仕事をすることによって、活発に議論し、談論風発できる雰囲気を醸成していってほしいと願っています。
組織が大きな公務職場では、がんじがらめのルールや目に見えないオキテがあり、職場ではひたすら自分を押し殺して仕事をし、好きなことは職場の外でする、という現象がみられることがあります。
職場の外で、自分の好きなことをして楽しむのは、大いに結構ですが、このことが、職場で押し殺している自らの創造性の回復を意味しているとしたら、それはとても悲しいことです。
創造性をどのように高め、発揮していくかについては、さまざまな方法があると思いますが、自分とは異なるタイプの人たちと交わり、触発しあうことは、有効な手段のひとつだと思います。
すでに、神戸市役所には、さまざまな職名で、多種多様な経験や特技を持つ外部人材が入り、活躍してくれています。
ひといろの発想や価値観に染め上げられた組織は弱いものです。
職員のみなさんが、それぞれ異なった知識や経験、想いを持ち寄り、語り合いながら、自らを高め、創造性を発揮していってほしいと願っています。
このことが、組織全体のパワーアップにもつながると信じます。