久元 喜造ブログ

2020年12月14日
から 久元喜造

都染直也『ことばのとびら』

甲南大学文学部日本語日本文学科・都染直也教授のご著書です。 都染先生が主宰される甲南大学方言研究会は、このほど令和2年度神戸市文化活動功労賞を受賞されました。 本書の内容は、映画『砂の器』で重要な意味を持つ東北弁に関する … 続きを読む

2020年11月8日
から 久元喜造

吉村 昭 『破船』

昨日の朝日新聞読書欄に本書が紹介されていました。 パンデミックの今、世界で読まれているのだそうです。 私が読んだのは20年以上も前ですが、その衝撃は鮮やかに覚えています。 ちょうど先日、神戸大学から図書の推薦を依頼され、 … 続きを読む

2020年9月20日
から 久元喜造

小山俊樹『五・一五事件』

「海軍青年将校たちの「昭和維新」」のサブタイトルにあるように、主役は日本海軍の青年将校たちでした。 1932年(昭和7年)年5月15日夕刻、海軍の青年将校と陸軍の士官候補生たちは、4組に分かれ、総理大臣官邸で犬養毅首相を … 続きを読む

2020年8月8日
から 久元喜造

白川方明『中央銀行』

前日本銀行総裁、白川方明氏による 750ページ近い大著です。 私は金融の素人で、本書に出てくる用語、特に英語の意味がときどきわからず、調べながら読み進めたこともあり、通読するのにかなりの時間がかかりました。 本書中の感銘 … 続きを読む