久元 喜造ブログ

2018年1月26日
から 久元喜造

相互不信からは何も生まれない。

神戸市役所の管理システムは、職員に対する不信に根差しているのでしょうか。 不祥事があるたびに、市民からの批判にさらされてきたから、ということがあるのかもしれませんが、職員が悪いことをする、という前提に立って、管理側の人々 … 続きを読む

2018年1月16日
から 久元喜造

徹底した業務改革が必要だ。

昨年は、恒例になっている御用納めの幹部のみなさんへの挨拶はとりやめました。 年末年始、忙しい幹部のみなさんに2回も14階会議室に集まってもらう必要はありません。 私にできるささやかな業務改革です。 御用始めに、幹部のみな … 続きを読む

2017年11月14日
から 久元喜造

高齢者部分休業制度の導入

『定年後』という本が売れているそうです。 まだ読んでいませんが、定年後の人生は長くなっており、どう過ごすかに関心が集まっているからでしょう。 公務員の場合には、在職中の知識・経験を退職後において活用し、社会が抱える課題に … 続きを読む

2017年10月2日
から 久元喜造

「フレックスタイム」の導入

以前、神戸市役所における「働き方改革」についてブログで書きました。(2017年8月21日のブログ) 市役所全体が明るく、働きがいのある職場になってほしい、市民のために高いパフォーマンスを発揮する市役所にしたいと念じます。 … 続きを読む

2017年8月21日
から 久元喜造

「働き方改革」を進める。

お盆休みも終わり、市役所もまた仕事モードに復帰です。 日本社会全体で「働き方改革」が求められている中、神戸市役所でもこの改革に本気で取り組む必要があります。 職員のみなさんには、勤務時間内に高い成果を挙げ、市民サービスと … 続きを読む

2017年8月9日
から 久元喜造

難題に「熟議」で答える。

20年前の1997年、須磨区で連続児童殺傷事件が起きました。 7月31日の神戸新聞社会面は、加害男性が著した著書の購入問題に直面した、当時の中央図書館の対応を検証していました。 記事の見出しは、 「知る権利か、遺族配慮か … 続きを読む

2017年2月24日
から 久元喜造

これからの「区役所」像

区役所サービスが大きく変わろうとしています。 まず、マイナンバーカードを使って、住民票、印鑑証明、戸籍の証明をコンビニエンスストアで取ることができるようになりました。 2月22日からは、所得証明も加わりました。 また、今 … 続きを読む