久元 喜造ブログ

2022年7月3日
から 久元喜造

西村友作『数字中国』

著者は、中国で経済金融系トップの国家重点大学・対外経済貿易大学の教授。 中国在住は、通算20年を超えます。 中国政府が国を挙げて進める「数字中国」(デジタル・チャイナ)の姿がリアルに語られます。 冒頭、コロナ対応の初期の … 続きを読む

2022年6月19日
から 久元喜造

テット『ANTHRO VISION』

総務省自治行政局で課長をしている友人から教えてもらって読み始めたところ、たいへん面白く、すぐに読了しました。 著者のジリアン・テットは、『フィナンシャル・タイムズ』(FT)の米国版編集委員会委員長を務めるジャーナリストで … 続きを読む

2021年10月2日
から 久元喜造

月間「大阪人」

総務省にいたとき、大阪市の東京事務所の方が毎号を届けてくださいました。 この雑誌は、大阪市の外郭団体が発行していましたが、2011年度に廃刊となったようです。 いただいた「大阪人」の何十冊かは自宅に持ち帰り、神戸に持って … 続きを読む

2021年9月23日
から 久元喜造

澤章『ハダカの東京都庁』

帯には「元幹部が”女帝”のタブーを明かす」とありますが、内容の大部分は、東京都庁の実態です。 著者は、都庁の人事課長、知事本局計画調整部長、選挙管理委員会事務局長などを歴任した人物。 豊洲の中央卸売市場移転問題のさ中には … 続きを読む

2021年8月15日
から 久元喜造

道尾秀介『風神の手』

四編から成る連作小説です。 ある種の嘘や偶然の出来事が次の世代に引き継がれ、思いもかけぬ展開を遂げていきます。 物語はミステリー風に展開していきますが、全体を通して読むと、何十年にもわたる大河小説のように感じられました。 … 続きを読む

2021年7月10日
から 久元喜造

齊藤広子+浅見泰司編著『タワーマンションは大丈夫か?!』

経済学、都市工学、都市景観など学界のほか、弁護士、不動産鑑定の実務家など15名の専門家による共著です。 最後に座談会が掲載されており、登場される先生方の中の戎正晴先生、齊藤広子先生は、神戸市の「タワーマンションのあり方に … 続きを読む