神戸市長久元 喜造ブログ

2017年6月22日
から 久元喜造

街を明るく灯す。

いろいろな意味で街を明るくすることは、大切です。 私は、これまでも、地下鉄のホームの照明を明るくするとともに、市役所についても、エレベーターホールや廊下の照明を、電力消費量に与える影響を慎重に勘案しながら、明るくすること … 続きを読む

2017年6月16日
から 久元喜造

「町村総会」という選択。

町村総会。 住民が直接参加し、議論を交わし、自ら決定する―ある意味、自治の原点なのかもしれません。 1950年代に八丈島の旧宇津木村で設置されて以来、設けられたことはありませんが、最近、高知県大川村がその検討を始めたこと … 続きを読む

2017年6月14日
から 久元喜造

「かかりつけ医」の役割

「かかりつけ医」とは、具合が悪くなったときにいつも診察してもらう、基本的には一人の医師の先生のことを指します。 あちこちの医師に診てもらうよりも、決まった「かかりつけ医」の方が、体質や持病などが頭に入っていますから、適切 … 続きを読む

2017年6月8日
から 久元喜造

松宮宏『まぼろしのパン屋』

神戸ゆかりの作家、松宮宏さんの作品です。 3編の短編小説が収められています。 『まぼろしのパン屋』の主人公、高橋は、勤続33年の電鉄マン。 東京郊外のつきみ野に住み、田園都市線で通っています。 出世コースとはほど遠いサラ … 続きを読む