神戸市長久元 喜造ブログ

熊本地震・水道復旧への支援

熊本市内では、地震発生直後から断水が発生しました。
神戸市水道局では、ほかの都市と分担しながら、応急給水活動を実施してきました。
kyusui1
給水タンク車(2台)による給水を行っていますが、神戸から運んできたコック付の給水袋(10ℓ)が重宝されているとのことでした。
kyusui2

また、阿蘇郡西原村では、破損した水道管の仮配管を行うこととし、避難所を中心に給水するための施工管理を支援しています。
また、配水管を本格復旧するための現地調査を行い、復興計画を作成する支援業務も行っていきます。

2015年8月9日のブログ でも書きましたが、神戸市水道局は、岩手県大槌町をはじめ東日本大震災の被災自治体への支援を行ってきました。
これまでの経験を踏まえ、熊本県内の水道が早期に復旧することができるよう、全力で取り組んでいきます。