久元 喜造ブログ

2018年1月21日
から 久元喜造

三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』

今年は、明治維新150年の年です。
明治維新を無条件に礼賛する必要はありませんが、少し前に掲載された毎日新聞「記者の目」のように、ひたすらその負の部分ばかりを強調するのは、やはり行き過ぎと感じます。
我が国は、東アジアの各国が列強に包囲される中にあって、独立を保ち、アジアで初の憲法を制定し、近代国家としての道を歩むことができました。
このことがいかにして可能となったのか、そして、その後、どのような経過をたどり、破局を迎えることになったのか、冷静な考察が必要です。

本書は、「序章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったのか」で始まり、「第1章 なぜ日本に政党政治が成立したか」、「第2章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか」、「第3章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか」、「第4章 日本の近代にとって天皇制とは何であったのか」の各章が続きます。

含蓄に富む考察にあふれますが、興味深かったのは、幕藩体制と明治政府との連続性です。
幕藩体制には、立憲主義の特質である権力の相互監視と相互抑制が組み込まれていたと説かれます。
そして、幕府を支えていた人材の多くは、明治政府に参画したのでした。

第2章で登場する重要人物は、やはり大久保利通です。
卓抜した指導力を発揮して殖産興業政策を強力に推進し、「自立的資本主義」を確立していきました。
そして、大久保の暗殺の後、経済政策では松方正義が、制度面では伊藤博文がその後を継ぎ、近代日本の骨格が形作られていったのでした。
今、話題の西郷隆盛は、本書にはほとんど登場しません。
43年前に聴いた三谷先生の「日本政治外交史」の講義を想い起しながら読み終えました。


2018年1月17日
から 久元喜造

平成30年「1.17のつどい」


早朝、東遊園地で開催された「阪神・淡路大震災1,17のつどい」に参加しました。
あの震災から23年の年月が流れました。
雨が降りしきる中、たくさんのみなさんが参加されました。
灯籠の前で、「阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会」委員長の藤本真一さんにお目にかかり、これまでのご苦労に感謝を申し上げました。

5時46分、黙祷。
「慰霊と復興のモニュメント」前のステージで、式典が開始されました。
ご遺族を代表し、次男を亡くされた崔敏夫さんが追悼の言葉を述べられました。
私からも追悼の誠を捧げました。

7時20分から、市役所で、区役所との情報連絡を含む訓練が行われ、その後、幹部のみなさんに挨拶を申し述べました。
震災の記憶と、そこから得られた教訓、想いを、次の世代にしっかりと伝えていかなければなりません。
神戸は、国内外からの支援をいただき、街を復興させることができました。
感謝の気持ちを抱きつつ、被災地を含め、国内外の都市、地域に貢献し続ける都市であり続けたい、そのような自らのありように誇りを持ち続けることができる都市でありたいと念じます。

きょう一日、冷たい雨が降り続きましたが、東遊園地を訪れる人の波が途絶えることはありませんでした。


2018年1月16日
から 久元喜造

徹底した業務改革が必要だ。


昨年は、恒例になっている御用納めの幹部のみなさんへの挨拶はとりやめました。
年末年始、忙しい幹部のみなさんに2回も14階会議室に集まってもらう必要はありません。
私にできるささやかな業務改革です。

御用始めに、幹部のみなさんにお願いしたのは、徹底した業務改革の推進でした。
このことは、以前からもお願いしてきたのですが、残念ながらあまり進んでいません。

業務改革は待ったなしです。
神戸市は、震災に起因する財政危機を乗り切るため、徹底的な行財政改革、とくに大幅な職員の削減を断行しました。
震災の年の平成7年度に、21,728人いた職員は、平成27年度には、14,538人にまで削減しました。
平成29年度は、14,305人です。
20年間の削減率は、33%で、全地方公務員の削減率、16%の2倍以上になっています。

一方、この20年以上の間、神戸市の仕事は増え続けています。
新しく出来た事務、大幅に事務量が増えた仕事としては、介護保険、児童・高齢者虐待対策、南海トラフ地震対策、国民保護法制、サイバーテロ対策、中学校給食、いじめ対策、成年後見、空家・空地対策、インフラ老朽化対策など枚挙にいとまがないほどです。

職員数が大幅に減少する中で、仕事が増え続けているということは、職員一人当たりの負担が大幅に増えていることを意味します。
今までの仕事のやり方を漫然と続けることは、もうとっくに限界にきています。
市民政サービスを向上させ、職員の負担を減らすためにも、ICTやAIを活用した徹底的な業務改革を仕切り直したいと考えています。


2018年1月13日
から 久元喜造

東京はどこから人口を集めているのか。


昨日、地方創生を担当されている内閣府幹部が神戸市役所に来られ、年末の税制改正に盛り込まれた「地方における企業拠点の強化を促進する特例措置の延長・拡充」(2017年12月31日のブログ)など来年度の税制改正、国家予算の内容について説明してくださいました。
わざわざ神戸までお越しいただき、丁寧に説明をいただいたことに感謝しております。

いただいた資料の中に、東京圏への転出超過人口が多い自治体に関するデータ(2016年)がありました。
これを見ると、東京圏に流出している人口の多い自治体は、大阪市、名古屋市、仙台市、札幌市、福岡市、神戸市、新潟市、広島市と続きます。
東京圏に多くの人口が流出している自治体は、東京以外の大都市であることがわかります。

三大都市圏の大都市の東京圏への転出超過数は、以下のとおりです。
大阪市  3388人
名古屋市 3265人
神戸市  2221人
京都市  1304人

かつての人口移動のイメージは、北海道、東北、九州などの地方圏から、東京圏、中部圏、近畿圏の三大都市圏に流出しているというものでした。
それが大きく変わり、東京圏に絶対数として多くの人口が流出しているのは、東京圏以外の大都市になっているわけです。

神戸市の 2020ビジョン では、東京圏への転出超過の解消を掲げています。
非常に難しいテーマですが、国の施策を有効に活用し、取り組みを進めていきたいと考えています。
同時に、国土政策として、東京以外の大都市を含む地方圏から東京圏への人口流入を食い止めるための、強力な政策展開が求められます。

 


2018年1月8日
から 久元喜造

平成30年神戸市成人お祝いの会


きょう、1月8日は、成人の日です。
神戸市の成人お祝いの会は、例年、ノエビアスタジアム で開催していますが、現在、ハイブリッド芝導入の工事中で使えないため、今年は、グリーンアリーナ神戸 で、第1部と第2部に分けて開催しました。

黙祷が捧げられた後、私からは、現実の世界の中で大人として生きていくためには、ネット社会を漂流することなく、現実の世界と向き合い、現実と格闘することが不可欠であり、目の前にあるものを自分の目で見、聞こえてくる音に耳を傾け、漂ってくる香りを嗅ぎ、自分の手が触って感じる感覚を大切にしていただくようお願いしました。

決して静まり返っていたわけではありませんが、新成人のみなさんが、北川道夫市会議長と私の挨拶に耳を傾けてくれたことはうれしかったです。

お祝いの会を企画、運営してくれた11人の代表のみなさんに、花束をお贈りしました。

第2部では、神戸出身で、新成人でもあるシンガーソングライターの井上苑子さんのライブが華やかに行われました。
最後にみんなで「しあわせ運べるように」を合唱し、新成人代表の一人、入口桜花さんの発声により、一本締めで閉められました。

新成人のみなさんのこれからの人生が素晴らしいものであるよう、お祈り申し上げます。

 


2018年1月6日
から 久元喜造

全く違うジャンルの本なのに・・・


年末年始は、2冊の本を並行して読みました。
1冊は、瀧井一博『伊藤博文 知の政治家』
県政150年、明治維新150年の今年、初代兵庫県知事を務めた明治の元勲の実像に改めて近づきたいと思ったのです。

もう一冊は、池上永一『ヒストリア』
沖縄とラテンアメリカを舞台にした壮大なファンタジーノーベルです。

まったく異なるジャンルの本を同時に読み進めるのはよくすることですが、今回は、本のジャンルも、扱っている世界もまったく違っているのに、ほとんど同じ内容の記述に遭遇したのには驚きました。

『伊藤博文』の筆者が強調するように、伊藤博文は、教育を重視し、人材育成において実学を重んじました。
伊藤にとって、「教育とは非政治的なものでなければなら」ず、「国民を実業にいそしむ専門的職業人に仕立てるべきもの」でした。
「実生活に根差した経済活動」に価値を置き、「政談の徒」を忌み嫌いました。
伊藤は、「明治初年から国民の政治参加を保障する議会制度の導入を促」し、後には自ら政党を組織しますが、あくまでこれを「漸進的」に実現しようとしました。

打って変わって、『ヒストリア』の主人公の知花煉は、ボリビアの地で革命を企てる恋人の革命家チェ・ゲバラにこう叫びます。
「私なら、50年かけて人材教育をする。まずは経済の仕組みを学ばせるわ。憲法や法律は豊かになった後、社会に合わせて変えていけばいい」
恋人からボリビア革命を否定され、見捨てられた革命家は、山中に孤立し、最期を迎えます。

全く関係がない2冊の本が見えない糸でつながっているような不思議な感覚に、年の初めから襲われたのでした。


2018年1月4日
から 久元喜造

明治維新150年の御用始め


きょう、1月4日は御用始めです。
朝、幹部職員に新年の挨拶を申し上げた後、正午からポートアイランドの国際会議場で開催された「平成30年新年合同祝賀会」に臨みました。
経済界をはじめ各界から、約1600人のみなさんが参加されました。

昨年は神戸開港150年の年で、さまざまな記念事業が目白押しでしたが、各方面から大きなご支援をいただき、所期の成果を挙げることができたことに対し、感謝を申し上げました。
そして今年は、兵庫県政150年、明治維新150年の年です。
初代兵庫県知事を務めた伊藤博文公をはじめとした明治のリーダーが目指したのは、アジアで最初の憲法の制定と立憲主義に基づく国家経営でした。
神戸は、明治の近代国家建設とともに発展し、1889年、大日本帝国憲法発布の年に神戸市が設置されてからは、東京市などとともに六大都市の一角を占め、我が国の近代化をリードしていったのでした。

近代国家日本、そして近代都市神戸を創り上げていった先人たちが、物凄い使命感とスピード感を持って仕事に邁進していった姿に学びながら、今年の神戸市政はさらにスピードを上げ、神戸の発展に突き進むことをお約束しました。
陸海空の拠点として発展してきた神戸の強みをさらに発揮するため、神戸港の港勢の拡大、神戸空港の利活用、大阪湾岸道路西伸部、神戸西バイパス、三宮の再整備などの主要プロジェクトの推進を加速させます。
震災後ゼロからスタートした神戸医療産業都市のシナジー効果を発揮させるとともに、水素産業、海洋産業クラスターなど次世代産業の育成を経済界とともに推進していくことなどをお話ししました。


2017年12月31日
から 久元喜造

東京一極集中是正への一歩


東京に一極集中しているお金をどう地方に移転していくのか。
年末に決定された「平成30年度税制改正大綱」の中に、このテーマに貢献する大きな改正が2つ盛り込まれました。

1つ目は、「地域拠点強化税制の対象地域の拡充」です。
「地域拠点強化税制」は、東京23区内から地方へ本社機能を移転した場合などに、企業が税制優遇を受けられる制度です。
しかし、制度創設時より、近畿圏の「既成都市区域」(神戸市では概ね阪急神戸線以南)が適用除外地域となっており、企業集積を目指すポートアイランドや三宮周辺、兵庫区南部でこの制度を活用した企業誘致を進めることが出来ませんでした。
このため、神戸市では独自の補助制度を創設する一方、対象地域を拡充するよう、国に要望してきました。
今回、近畿圏及び中部圏の既成市街地が対象地域となったことは大きな前進です。
ご尽力いただいた国会議員各位に感謝申し上げます。

2つ目は、「地方消費税の清算基準の抜本的な見直し」です。
消費税率8%のうち1.7%が地方消費税として、国から地方自治体に配分されますが、現行制度では、消費税収全体のうち75%を消費額、17.5%を人口、7.5%を従業員数に基づき配分しています。
これでは、東京などごく一部の大都市の消費額が過大に反映されることになり、これを是正するため、配分の基準において、従業員数を用いず、消費額50%と人口50%で配分するという抜本的な見直しが盛り込まれました。
神戸市では、この改正により約8億円程度の増収が見込まれます。

神戸市としても、今回の税制改正を追い風としながら、財源の確保に努めていきます。


2017年12月29日
から 久元喜造

ファーマーズマーケットの進化


今年進化した事業の一つが、東遊園地で土曜日に開催しているファーマーズマーケットではなかったかと思います。
振り返れば、ファーマーズマーケットがスタートしたのは、2015年(平成27年)6月のことでした。
東遊園地を芝生化する社会実験と軌を一にした試みでした。
平成28年度は、ファーマーズマーケットの定期開催と将来的な民間運営のモデルをつくるために、一般社団法人KOBE FARMERS MARKET を設立。
春・夏・秋にそれぞれ10日間の定期開催にチャレンジしました。

今年はお陰様で、年間40回開催することができました。
東遊園地以外の場所での展開を求めて、5月20日、21日には、神戸まつりの時期に合わせて、大丸神戸店の東側道路で開催し、大盛況でした。
このようにファーマーズマーケットが定着したのは、東遊園地の芝生化の実験が成功し、雰囲気が格段に良くなったことも影響していると思います。

市内の至るところで「食」や「農漁業」を発信するイベントが数多く開催されるようになれば、「食都神戸」の本格展開に一歩近づくのではないかと考えます。
2015年6月14日のブログ では、「サンフランシスコの取り組みも参考にしながら、神戸のファーマーズマーケットを進化させていきたいと思います」と記しましたが、たくさんのみなさんの参画と応援のおかげで、確実に進化を遂げていることをありがたく感じています。


2017年12月26日
から 久元喜造

世界初の水素発電実証事業


今月、ポートアイランドで、水素発電の実証プラントが完成し、式典が開催されました。
来年の2月、世界初の水素発電による地域への電気と熱を供給する実証事業が始まります。
水素は、利用時に二酸化炭素を排出しない環境にやさしいエネルギーです。
今回のプロジェクトは、実証プラントで水素を燃料としてつくった電気と熱を、ポートアイランドスポーツセンター、神戸国際展示場、下水処理場、中央市民病院に供給するという、これまで類を見ないチャレンジです。

振り返れば、総理大臣官邸で開催された経協インフラ会議(議長:菅義偉官房長官)に招かれ、水素エネルギーを活用した「スマートコミュニテイ構想」として水素発電の実証事業を提案したのは、市長に就任して間もない平成26年3月のことでした。
この会議では、世界初の液化水素の長距離大量輸送と荷役システムを開発し、水素サプライチェーンを構築する構想も提案しました。
この二つの構想が、関係者の努力により、ともに動き出していることをありがたく感じています。

水素発電実証事業は、大林組と川崎重工業が実施主体として取り組まれるプロジェクトで、式典には、川崎重工業の金花芳則社長のほか、資源エネルギー庁の日下部聡長官、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の古川一夫理事長、関西電力の岩根茂樹社長、岩谷産業の牧野明次会長が出席されました。
我が国のエネルギー分野のトップが一堂に会し、本格的な水素社会の実現に向けた扉が開かれたことは、神戸市にとりたいへん名誉なことと感じています。
水素エネルギーの利活用に向けて関係者がしっかりと連携し、最先端の取組みを進めていきます。