久元 喜造ブログ

華やかに、厳粛にー神戸の成人式

170109-5
去年と同じタイトルで記したいと思います。

きょう、午後1時から、ノエビアスタジアムで、神戸市主催の成人式が行われました。
約1万人の新成人のみなさんが参加されました。
しばしば、ほかの自治体では、参加者の一部が荒れ、混乱も見られるという報道に接しますが、神戸の成人式は、これまでと同じく、華やかな雰囲気の中にも、厳粛に行われました。

「幸せ運べるように」が流れ、黙祷が捧げられました。
決して静まりかえっていたというわけではありませんが、多くのみなさんが、池田りんたろう市会議長と私の祝辞に耳を傾けてくれました。
170109-4
8人の新成人の代表が、誓いの言葉を述べ、拍手が送られました。
170109-2
式の前に、短時間でしたが、意見交換を行い、しっかりとした意見をいただきました。
170109-1

神戸は、突然の災害を前にして苦境と立ち向かい、試練を乗り越えてきました。
市民が助けあい、励まし合いながら、街を甦らせてきました。
そのような神戸の経験は、新成人たちに間違いなく受け継がれていることを、今年も感じることができました。

成人式の後、神戸文化ホールの「第22回あじさいコンサート」に出席しました。
170109-3
幕間の挨拶では、東日本大震災の後、被災地と神戸との間で音楽の交流が積み重ねられていることに触れました。

若い世代のみなさんに、震災の記憶が受け継がれ、新しい形で未来に継承されていることに感動を覚えた一日でした。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア