新長田合同庁舎への県・市組織の移転

170124-1
新長田再開発地区に兵庫県・神戸市合同庁舎の建設を進めていますが(2015年9月28日のブログ)、このほど合同庁舎に移転する兵庫県の関係組織が固まり、次のとおり発表されました。

神戸総合庁舎の神戸県民センター 県民交流室、神戸県税事務所
西神戸庁舎の 神戸県民センター 西神戸県税事務所
公社館の住宅供給公社 神戸事務所
神戸クリスタルタワーの神戸生活創造センター

神戸市は、すでに市税部門(本庁税部門の一部・各区市税事務所)と神戸すまいまちづくり公社の移転を決定しています。
県から約300人、市から約750人、合計約1050人の職員が移転します。
170124-2
税務部門の集約により、県税、市税の納付、減免などの手続きが一カ所で行えるようになるなど、行政サービスの向上が見込まれます。
また、県営住宅、市営住宅、公社住宅の募集窓口も集約されます。

合同庁舎の建設場所は、「アスタくにづか」に隣接する神戸市の市有地です。
平成29年度に建築工事に着手し、平成31年度中の移転を目指して事業を進めます。
すでに、アスタくにづか地区では、合同庁舎のサービス開始を見込んで、税に関連する事務所を含め、新規入居が相次いでいるのはありがたいことです。
合同庁舎の整備が、周辺地域に賑わいをもたらすことができるよう、地域のみなさんとともに進めていきます。