麻生太郎副総理・来神

麻生太郎副総理・財務大臣が来神され、そごう神戸店、神戸大丸前で、自民党街頭演説が行われました。
原吉三県連幹事長・県議が開会の挨拶をされ、関芳弘代議士(兵庫3区)、盛山正仁代議士(兵庫1区)が挨拶をされました。そして、麻生太郎副総理が、約15分、国政の動向についてお話された後、私のことに触れてくださいました。
神戸大丸前では、藤井ひさゆき代議士(兵庫4区)も参加されました。
司会は、橋本健市議が担当されました。
131006-1

麻生太郎副総理は、小泉内閣で、2003年(平成15年)9月から2005年(平成17年)10月まで、総務大臣をされました。私は、総務省自治行政局行政課長、大臣官房審議官(地方行政・地方公務員制度、選挙担当)として、麻生総務大臣にお仕えしました。
地方自治制度や住民基本台帳制度について、改革が求められており、法案の準備に追われました。
麻生大臣のお人柄もあり、総務省が一丸となって大臣をお支えしようという雰囲気に満ちていたのを覚えています。

きょうは、安倍内閣の経済政策、とくにデフレ脱却の必要性と対応を中心にお話しされていました。
たいへんな人出で、遠くから手を振っておられるみなさんもたくさんおられました。

131006-2

公務、たいへんなご多忙の中、街頭で演説していただきました、麻生副総理に、心より感謝申し上げます。
また、街頭で、お聞きくださいましたみなさまに、御礼を申し上げます。