神戸市長久元 喜造ブログ

総連合選対総決起集会

神戸市長選挙に向けての、総連合選対総決起集会が、国際会館  で開催されました。
私は、中央区の集いがありましたので、遅れて会場に着いたのですが、ちょうど、海江田民主党代表が挨拶をされていました。

海江田民主党代表には、総決起集会に先立ち、わざわざ私の事務所を訪問いただき、温かい激励のお言葉を頂戴いたしました。
心より、感謝申し上げます。

131010-2

国際会館  には、2000名を越えるみなさんにお越しいただきました。3階までほぼ満席になり、力強いエールをいただきました。
私は、
「神戸が、元気で、にぎわいのある都市になるためには、空港、神戸港、都心の再開発、産業振興などはもちろん大事だが、そこで、働く人たちが、医療、健康、福祉、子育て支援、教育などの分野で、ほかの都市と遜色のない行政サービスが受けられるかどうかが大変大事なのではないか」
「このことは、今、神戸市民である皆さんに対する行政サービスを確保するという観点のみならず、神戸に、外から企業やビジネスを展開したいと思っておられる人材に来ていただくという面でも、大事な視点なのではないか」
「そして、このような市民の暮らしの面でも、都市間競争の時代に入っており、神戸は、市民の暮らしの面でも、他都市と遜色のない水準を追い求めていかなければならないのではないか」
といったことを述べさせていただきました。
131010-3

たくさんの働くみなさんから、元気をいただくことができた時間でした。
ありがとうございました。