読込中

神戸市長として:3期

2021年(令和3年)

11 月 20 日、神戸市長としての3 期目の任期が始まりました。
コロナへの対応が続きます。
12月1日、医療従事者への3回目接種を開始し、翌日から「こうべワクチンカー」第2弾として、希望する地域での派遣接種を受けられるようにしました。
12月12日、延期していた令和3年「神戸市成人お祝いの会」をノエビアスタジアム神戸で開催しました。

同月、須磨区での選挙公報未配布問題が明らかになりました。
厳正な執行が求められる選挙の管理及び執行に関する事務であることから、公正な第三者による検証が必要と考え、監査委員に対し監査要求しました。

大阪・京都でオミクロン株が発見され始め、神戸での感染拡大も時間の問題となり、関係者は緊張感を持って年を越しました。

2022年(令和4年)

予想どおり、年初から感染力の高い変異株・オミクロン株が爆発的に拡がり、第6波の到来となりました。
1月10日、令和4年「神戸市成人お祝いの会」をノエビアスタジアム神戸で開催しました。午前・午後の2部制で行い、スタジアムの屋根を開放、座席は1人分空けて着席、LINEかWEBで全員事前登録など万全の感染対策をとる中、合計7600人の新成人が集いました。

1月12日、自宅療養者夜間コールセンターを設置し、保健所・各保健センター対応としていた夜間の対応を集約し、対応を強化しました。
1月17日、震災から27年。東遊園地での「阪神淡路大震災1.17のつどい」に参加しました。早朝の会場は祈りに包まれていました。
この日、65歳以上の高齢者に3回目接種券の発送を開始しました。

感染拡大に対応するため、コロナ病床・宿泊療養施設を拡充するとともに、保健所などのコロナ対応部門の増員を行い、自宅療養者へのケアなどの体制を強化しました。外国人の方が医療機関に症状の相談や検査を受けやすくするため、外国人検査相談コールセンターも設置しました。
1月27日、まん延防止等重点措置が実施されました。(~3月21日)
それでも新規感染は増え続け、2月3日には、第6波の感染者ピークとなる2,351人/日を記録しました。
2月3日、既に2回目接種の完了から6か月以上を経過する18歳以上の方については、「ノエビアスタジアム神戸会場」において、接種券が届いていない場合でも接種を受けることができるようにしました。
2月4日、爆発的な感染増加に対応するため、会議室などワンフロアの大部分をつぶし、職員160名体制の「自宅療養フォローアップセンター」を開設。
重症化リスクの低い患者への相談対応を区保健センターから本庁に集約する一方、区保健センターは重症化リスクのある自宅療養者の健康観察に重点化しました。

コロナと戦いながらも、SDGsも見すえ、神戸の街づくり・地域の活性化を図っていかなければなりません。
1月の定例会見で、神戸が目指す新たな都市像である「海と山が育むグローバル貢献都市」に向け実施しているブルーカーボンの取り組み、新神戸駅前広場・生田川公園の再整備計画を発表しました。
2月14日、西区役所新庁舎がオープンしました。
3月10日、ポストコロナを見据えた「用途地域の見直し」について定例会見で発表しました。
3月18日、神戸港と金沢港のクルーズ振興に関する連携協定を締結することとし、石川県の谷本正憲知事と共同会見で発表しました。

神戸市は震災を経験したこともあり、共同住宅の割合が高い都市です。分譲マンションについては、管理の責任が管理組合にあり、適正な管理を支援していくことが必要です。
そこで神戸市は、昨年「マンション管理状況の届出・情報開示」の制度をスタートさせましたが、1年が経過したことから、現状を定例会見で発表しました。

3月25日、「こども本の森 こうべ」がオープン。
3月27日、フジドリームエアラインズの新潟~神戸便が就航しました。北陸にはじめての就航です。これで神戸空港の就航都市は、札幌、仙台、茨城、羽田、松本、高知、長崎などと合わせて13都市になりました。
3月30日、有馬口トンネルが開通しました。神戸三田線は兵庫区と北区・三田市をつなぐ重要な道路ですが、急峻な山地と河川に挟まれて道幅が狭いために、災害時の通行規制や渋滞などに長年悩まされてきました。15年近くかかったこのたびの現道拡幅やトンネルを含むバイパスの完成には感慨深いものがありました。

コロナとの戦いが続く中、大きな衝撃が走りました。
2月24日、ロシア軍がウクライナ侵攻を開始したのです。到底許されない暴挙です。
3月1日、神戸市会は臨時の本会議を開き、「ロシアによるウクライナ侵攻に抗議する決議」を全会一致で可決しました。
この決議も踏まえ、同日、神戸市は予備費から緊急支援金として1000万円を拠出し、神戸市・神戸市会連名でユニセフ(国連児童基金)に寄附することとしました。
ウクライナに早く平和が回復することを祈り、メリケンパークの「BEKOBE」モニュメント、市章山、ポートタワーをウクライナ国旗の色にライトアップすることにしました。
3月22日、ウクライナ避難民の受け入れ支援について定例会見で発表。
神戸国際コミュニティセンター(KICC)にワンストップ生活相談窓口の設置、「KOBEウクライナ支援ネットワーク」の設置、市独自募金の開設、言語サポート(通訳ボランティア)、住宅サポート(市営住宅の提供等)などの支援策を決めました。

© 久元きぞう公式Webサイト