読込中

神戸上昇気流メールVol.55 (2022.12.20号)

ホームページをリニューアルしました

━━━━━━━━━━━━━━━
■ 神戸上昇気流メール ■  Vol.55 (2022.12.20号)
━━━━━━━━━━━━━━━

~里山SDGs戦略~

市外の方にはあまり知られていないのですが、神戸には里山があります。
六甲・摩耶山系の北側の北部地域、また都心から離れた西部地域には、自然豊かな里山が広がっています。
里山は、日本各地に見られる原風景です。
日本人は、古くから里山で薪や焚き木をとり、生活の糧としてきました。
里山は、知床半島や白神山地のような原生林とは違い、人の手が入り続けることで維持されてきた自然です。
里山では、豊かな生物多様性が保たれ、日本固有のさまざまな生き物たちが暮らしてきました。
里山には茅葺民家などの農村集落が形成され、神社・仏閣があり、祭り、農村歌舞伎などの習俗が守られてきました。
里山は、自然と文化が一体となった豊かな世界でした。

このような里山の営みは、60年ほど前から急速に変わっていきました。
薪炭林の利用は急速に廃れ、人手が入らなくなった里山は荒廃していきました。
落葉広葉樹から常緑広葉樹の大木に置き換わり、地表面まで光が届かなくなって暗い森になり、
生物多様性が失われていきました。
竹林は放置されて竹藪が繁茂、拡大し、ため池も使われなくなって放置され、水が淀んでいる池も増えています。
外来生物の侵入、繁殖も厄介な問題です。
アライグマやヌートリアは農作物に被害を与え、農村環境、居住環境に悪影響をもたらしています。
また、ミシシッピアカミミガメ、ブラックバス、ブルーギルなどの外来動物、オオキンケイギクなどの外来植物は、
固有の動物・植物を駆逐し、生物多様性に深刻な影響を与えるようになってきました。

いま神戸では、里山の荒廃を防ぎ、再生させようという取り組みが始まっています。
神戸市は、開発が中止となって民間企業から寄付を受けた市有林で、モデル的に輪伐をスタートさせました。
陽の光が林に差し込むようにし、明るい森にします。
UR都市機構がかつて商業・住宅用地として開発を予定していた多井畑西地区の土地、40ヘクタール余りは、
神戸市に寄付され、周辺の地権者の理解も得ながら、里山として保全し、再生・活用する取り組みも始まっています。
耕作放棄地の再生やため池のかいぼりには、学生のみなさんが参加してくれています。

このような新たな取り組みが見られるようになった背景には、SDGsの動きが広がり、
持続可能な生活の場であった里山の価値が見直されてきたことがあると思われます。
神戸市は、里山SDGs戦略を策定して里山再生に関する基本方針を示すとともに、具体的な施策を展開し、
多くの市民のみなさんの参加と企業の支援もいただきながら、里山再生を進めていきたいと考えています。

〇新型コロナワクチン(神戸市)
https://www.city.kobe.lg.jp/a73576/kenko/health/infection/protection/covid-19_vaccine.html

〇 こうべ医療者応援ファンド(神戸市)
https://kmsf.jp/

───────────────

〇 久元きぞうオフィシャルブログより

◆繁閑の差をなくさないといけない。 (2022.11.13)
https://hisamoto-kizo.com/blog/?p=10381

〇 SNSで日常を発信しています。

※インスタグラム → https://www.instagram.com/hisamoto_kizo/

───────────────

後援会へのご寄附のお願い

久元きぞうの政治活動は、皆様方のご支援により支えられています。 幅広いご支援、お力添えを、心よりお願いいたします。

ご寄附をいただける場合は、専用の振込用紙をお送りいたしますので、 後援会事務局までご連絡ください。

詳細は、こちら → https://hisamoto-kizo.com/support/

───────────────

久元きぞう後援会連合会にご入会ください(無料・連絡先の登録のみ)

神戸市長・久元きぞうは、震災以来の危機である新型コロナへの対応に
全力で取り組んでいます。
久元きぞうへのご支援をよろしくお願いいたします。

お知り合いの方に、久元きぞう後援会への入会をおすすめいただき、
支援の輪を広げていただきますよう、お願いいたします。

※ ご入会は、こちら → https://hisamoto-kizo.com/support/

───────────────

編集後記(「神戸上昇気流メール」編集事務局より)

かかり付けの歯科医院があります。
今年12月で閉院とのお知らせが医院の掲示板に貼られていました。
40年近く、お世話になりました。方々の歯科医院で診てもらいましたが、
そこは、ご夫婦で診療をされていて、技術も高く、相性も良いのです。
極力、抜歯せず、親不知や部分入れ歯など、家族中のかかり付けです。
最後に半年ごとの歯石除去をしてもらいます。お世話になりました。
歯科医院難民にならないようにしないと。(T)

━━━━━━━━━━━━━━━

※ バックナンバー
過去に配信したメールマガジンもご覧いただけます。
バックナンバーはこちら → https://hisamoto-kizo.com/support/mailmagazine/

※ このメールは、久元きぞうが過去にお名刺交換をさせていただいた方、
久元きぞう後援会連合会にご入会くださった方、オフィシャルサイトから
応援メッセージをお送りいただいた方等にお送りしております。

※ 配信停止・変更
今後、当メールの配信を希望されない場合は、
下記URLより配信停止の手続きをお願いいたします。
 (配信停止) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_3/index.do

また、当メール配信先アドレスの追加登録や変更を希望される方は、
下記URLより変更手続きを行ってください。
 (登録) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_1/index.do
 (変更) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_2/index.do

━━━━━━━━━━━━━━━
発 行 元:久元きぞう後援会連合会事務局
発 行 日:2022年12月20日(火)
U R L:https://hisamoto-kizo.com/
お問合わせ:info@hisamoto-kizo.com
住  所 :神戸市中央区磯辺通 4-2-26 新芙蓉ビル 8階
━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(c) 2013-2022 hisamoto-kizo.com All Rights Reserved.

© 久元きぞう公式Webサイト