読込中

神戸空港・国際化への道筋はどうつけられたのか?

神戸空港は、24時間使える海上空港です。それなのに、どうして、運航時間や発着枠の制限があるのか、疑問に感じるみなさんもおられることと思います。これには、半世紀以上にもわたる長い経緯があります。

1960年代、飛行機の時代を迎え、関西に新しい空港をつくろうという議論が本格化しました。本命視されたのが、「神戸沖」でした。当時は、公害問題への関心が高く、騒音などへの懸念から反対運動がおこりました。世論は二分し、1973年(昭和48年)の市長選挙は、空港建設の是非が激しく争われ、空港反対を唱える現職の宮崎辰雄市長が勝利しました。これで神戸沖空港構想はとん挫。さまざまな経緯を経て、現在の関西国際空港が開港しました。

それでもやはり神戸には空港が必要だという議論は、市会、経済界を中心に根強くありました。神戸市は、兵庫県、神戸経済界と協議し、神戸空港建設を働きかけました。それまでの経緯を踏まえれば、容易ではありませんでしたが、建設への機運が高まり、2006年2月「神戸空港」が開港しました。

神戸空港・国際化への道筋

関西に3つの空港が誕生しましたが、それまでの長い歴史を踏まえれば、神戸空港は、関西国際空港を補完する存在であり、その運営を阻害しないということが前提でした。その証が、「一日の発着回数は60回が上限、運用時間は7時~22時までの15時間、国際線の就航は関西国際空港に限定する」という制限だったのです。

神戸空港を巡る環境が大きく動いたのは、2018年4月の神戸空港の運営権譲渡、いわゆるコンセッションでした。神戸空港は、関西国際空港、伊丹の大阪国際空港を運営する関西エアポート㈱が実質的に運営することになりました。三空港一体運用の実現です。これで、神戸空港の立ち位置は大きく変わりました。神戸空港を賢く利用することが、関西全体の発展につながるという理解が進んだのです。

神戸空港・国際化への道筋

2019年5月、8年ぶりに「関西3空港懇談会」が開催されました。この中で、神戸空港の発着枠の拡大(60回から80回へ拡大)、運用時間の延長(15時間から16時間(7時~23時まで)に延長)が決定され、「2025年頃までに、関空・伊丹を補完する観点から国際線を含む空港機能のあり方の検討を行う」という合意がなされました。神戸空港は、国際空港として大きな一歩を踏み出したのです。

神戸空港・国際化への道筋 神戸空港・国際化への道筋
© 久元きぞう公式Webサイト