「ひょうたん池物語」

Books

「ひょうたん池物語」

作 久元 喜造    絵 有村 綾

神戸新聞総合出版センター(2016年11月刊行)
定価 本体 1200円+税

少し昔のこと。

港のある大きな街からほど近いところに、のどかな里山が広がっていました。里山には、なだらかな山や丘に抱きかかえられるように、たくさんの池がありました。それらの中のひとつの池が、この物語の舞台です。

池の水は澄んでいて、それはそれはきれいな池でした。水面は木漏れ日を受けてキラキラと輝き、ときどき魚が跳ねると波紋を作ります。まわりをぐるりと取り囲む雑木林には、夏になるとカブトムシやクワガタが集まり、秋になると葉っぱが鮮やかに色づき…。季節によって様々な姿を見せるのでした。

池には土手があり、その端から山道を通って雑木林に入ることができます。山道はすぐ登り坂になり、池を眼下に眺めながら、祠のある山の頂きへとつながっていました。山道から池を見下ろしてみると、池の真ん中が少しくぼんでいて、ひょうたんのような形をしていることがわかります。村人たちはこの池を昔から「ひょうたん池」と呼んでいました。

 

1960年代に入ると、長い年月、平和なときを過ごしてきた神戸の里山に開発の波が押し寄せます。そして、東京オリンピックが開催された年、ひょうたん池にも大きな危機が訪れました。池で暮らす生き物たちはどうなるのでしょうか・・・・

 

本書は、当時の幼い日々を回想しながら記した、私にとってのノスタルジアです。しかし当時の様子の再現ではなく、自由に想像力を飛翔させながら創り上げたファンタジーであり、ある意味で「大人のための童話」です。

高度成長期、野山をかけめぐった、かつての悪ガキたちに捧げたいと思います。

著書一覧

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket