神戸上昇気流メールVol.42(2020.10.21号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ■ 神戸上昇気流メール ■
                       Vol.42(2020.10.21号)
[目次]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】久元きぞうからのメッセージ
【2】ピックアップ〜久元きぞうオフィシャルブログ(2020.09.25-10.13)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは、久元きぞうが過去にお名刺交換をさせていただいた方、
久元きぞう後援会連合会にご入会くださった方、オフィシャルサイトから
応援メッセージをお送りいただいた方等にお送りしております。
大変恐縮ですが、今後当メールがご不要な方は
下記URLより配信停止のお手続きをお願いいたします。
 ※配信停止は、こちら
 → https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_3/index.do

 

┏━☆
┃1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛久元きぞうからのメッセージ
──────────────────────────────────

〜県市協調の実を挙げる〜

大阪都構想の是非を問う住民投票が、いよいよ11月1日に実施されます。
伝統ある大都市、大阪市がいよいよ解体され、
廃止されることになるのかについて大きな関心が集まっています。
神戸市は古くから大阪市と密接な関係があります。
私は長く地方自治制度の企画立案に携わってきた者として、
その帰趨に大きな関心を寄せてきました。
大阪市民がどのような判断をするのか、注目されます。

大阪都構想は、大阪市を廃止し、4つの特別区を設置しようとする構想です。
地方自治法に規定されている特別区の制度は、東京23区にしか適用されません。
これをほかの地域にも適用するため、2012年に
「大都市地域における特別区の設置に関する法律」が制定されました。
この法律は、単独で200万人以上の人口を擁する横浜市、名古屋市および大阪市、
そして、隣接市町村を含めれば200万以上となる札幌市、さいたま市、千葉市、
川崎市、京都市、堺市、神戸市を含む市町村が対象となります。
つまり、神戸市もこの法律の手続きを踏めば、解体・廃止されることがあり得るということです。

指定都市を廃止し、特別区を設置できるようにしたのは、
道府県と指定都市の間に存在する二重行政を解消するためだとされています。
広域自治体である道府県が、指定都市の仕事のうち広域的な効果を持つ分野を
一元的に担うことになれば、二重行政が抜本的に解消されると考えられたからです。

しかし、二重行政の抜本的解消のために
指定都市の廃止しかないという制度はバランスを欠いています。
特別区の設置とは逆に、指定都市が道府県から独立し、
特別自治市として一元的に行政を担う制度が用意されるべきです。
一定規模以上の指定都市は、現在道府県が行っている事務を含め、
基本的に地方自治体としての仕事をすべて担うという制度であり、
二重行政は明らかに解消されます。
指定都市市長会は、かねてよりこの特別自治市構想の実現を主張してきました。
大阪都構想を巡って大都市制度に関心が高まっている今、
改めて議論がなされるべきだと考えます。

特別自治市構想は、地方自治制度の根幹的な変革であり、
政府や政党のレベルで検討が行われるべきテーマです。
兵庫県と神戸市の間で協議、議論すべき問題ではありません。
兵庫県と神戸市との間では、現在の指定都市として神戸市が存続し続けることを前提に、
二重行政の弊害を少しでも緩和し、県市協調が図られるべきです。
近年においても、東京事務所やシアトルの県・市事務所の同居、
新長田合同庁舎の整備、北神急行電鉄の市営化による運賃の大幅引き下げ、
中小企業向け融資の実質一元化などの成果が生まれています。

抜本的な制度改革論議を喚起しながら、神戸においては、これまでの積み重ねの上に、
具体的な県市協調の実を挙げていきたいと考えています。

◆新型コロナウイルス関連リンク◆

○支援総合サイト(神戸市)
https://www.city.kobe.lg.jp/a73576/kenko/health/infection/protection/corona_shien.html

○こうべ医療従事者応援ファンド(神戸市)
https://kmsf.jp/

▲TOPへ戻る

 

┏━☆
┃2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛ピックアップ〜久元きぞうオフィシャルブログ(2020.09.25-10.13)
──────────────────────────────────

久元きぞうが更新しているブログから、いくつかご紹介します。
ぜひご覧ください。

◆保育枠の拡大を粘り強く進めます。(2020.09.25)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=9805

◆夜の闇の価値について(2020.09.30)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=9810

◆『地方自治制度 ”再編論議”の深層』(2020.10.13)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=8859

※ツイッターをどうぞ、ご覧ください
  → https://twitter.com/hisamotokizo

※フェイスブックもあわせて、ご覧ください。
  → https://ja-jp.facebook.com/hisamoto.kizo/

▲TOPへ戻る

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
久元きぞう後援会連合会に是非ご入会ください
──────────────────────────────────

神戸市長・久元きぞうへの支援の輪を広げましょう!!
後援会への入会申込みは、久元きぞうオフィシャルサイトから
簡単にお手続きできます。

ご入会は、こちら → https://hisamoto-kizo.com/supporters/support/

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
編集後記(「神戸上昇気流メール」編集事務局より)
──────────────────────────────────

子供のころ「夜に爪を切ってはいけない。」と言われたものです。
いろいろな言い伝えがありますが、
暗がりでの爪切りは、深爪などして危険だからかと思います。
爪の切り方は、人それぞれで、指先のカーブに合わせて丸くカットする人、
丸くしないで、横一直線にカットするスクエアカットの人など。
スクエアカットは、巻き爪防止、指が長くみえるなどのメリットがあるとか。
挑戦しましたが、すぐに長年の癖で、丸くカットしてしまいます。
爪切りでカットせずに、爪ヤスリで頻繁に磨けばいいようです。  (T)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバー
過去に配信したメールマガジンもご覧いただけます。
バックナンバーはこちら → https://hisamoto-kizo.com/mailmag/

※配信停止・変更
大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合は、
下記URLより配信停止の手続きをお願いいたします。
 (配信停止) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_3/index.do

また、当メール配信先アドレスの追加登録や変更を希望される方は、
下記URLより変更手続きを行ってください。
 (登録) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_1/index.do
 (変更) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_2/index.do

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発 行 元:久元きぞう後援会連合会事務局
発 行 日:2020年10月21日(水)
U R L:https://hisamoto-kizo.com/
お問合わせ:info@hisamoto-kizo.com
住  所 :神戸市中央区磯辺通 4-2-26 新芙蓉ビル 8階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2013-2020 hisamoto-kizo.com All Rights Reserved.

本メルマガは著作権により保護されていますが、
皆様のお役に立てるのであれば、商用の場合を除き、
ご自由に転送・転載いただいて構いません。
その際は最下部のクレジット部分(発行元やURL、メールアドレス、
住所等が書かれた部分)を明記願います。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket