神戸上昇気流メールVol.33 (2019.04.17号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ■ 神戸上昇気流メール ■
                       Vol.33 (2019.04.17号)
[目次]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】久元きぞうからのメッセージ
【2】ピックアップ~久元きぞうオフィシャルブログ(2019.03.11-04.09)
【3】神戸の歳時記・4月~北神急行電鉄開業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは、久元きぞうが過去にお名刺交換をさせていただいた方、
久元きぞう後援会連合会にご入会くださった方、オフィシャルサイトから
応援メッセージをお送りいただいた方等にお送りしております。
大変恐縮ですが、今後当メールがご不要な方は
下記URLより配信停止のお手続きをお願いいたします。
※配信停止は、こちら
  → https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_3/index.do

┏━☆
┃1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛久元きぞうからのメッセージ
─────────────────────────────────────


~北神急行、運賃・大幅引き下げへ~

神戸は、震災の後、震災からの復興、財政再建に取り組み、
もし震災がなかったとしたら取り組まなければならなかったはずの課題に
じゅうぶんに取り組むことができませんでした。
この結果、神戸を成長軌道に乗せていくためのインフラ整備が遅れてきました。

昨年から、これら遅れていたインフラ整備が本格的に始まっています。
待ち望まれていた、大阪湾岸道路西伸部は、昨年12月22日、
国土交通省、国会・県会・市会議員各位、経済界をはじめ多くのみなさまのご臨席の下に、
盛大な起工式が催されました。
今年度から、いよいよ本格的な工事が始まります。

三宮の再整備を含む都心の再生についても、主要な施設の再配置はほぼ決定し、
事業が動き出しています。
神戸西バイパスについても、有料道路事業の導入が決まり、
これから急ピッチで事業が進められます。

このように、必要なインフラ整備はスピード感を持って進めていかなければなりませんが、
我が国全体が人口減少時代を迎える中、すでに存在しているインフラを
有効に活用していく観点も大事です。
先人が苦労してつくりあげてきた社会資本が、何らかの理由で
じゅうぶんに活用されていないとすれば、それらの制約要因を取り除き、
有効活用を進めていくことが求められます。

このような観点から、私が以前から着目していたのが、北神急行でした。
北神急行は、「神戸の歳時記」にも紹介されていますように、31年前に開業しました。
神戸電鉄との結節点の谷上駅から、新幹線との乗換駅、新神戸までをおよそ8分、
神戸の玄関、三宮までをわずか10分で結びます。
神戸市の北区、三田市などの北摂地域と神戸の中心部を結ぶ大動脈になるはずでした。

しかしながら、この間、利用者数は伸び悩んできました。
その理由は、運賃が高いことです。
谷上~新神戸間は、約8分で360円。
谷上~三宮間は、約10分で540円です。
三宮から阪急電車に乗り、京都方面に向かうと、530円で桂まで行くことができます。

運賃が高い理由は、谷上駅から新神戸駅までは北神急行が、
新神戸駅から三宮を経て終点の西神中央までは神戸市営地下鉄が運行し、
それぞれ初乗り運賃がかかることです。
これを解消する唯一の方法は、西神山手線を運行している神戸市交通局が、
北神急行を買収し、一体運行することです。
そこで、阪急電鉄との間で、神戸市交通局が北神急行の経営を引き継ぐ方向で
交渉を開始しましたが、交渉がまとまり、3月29日に記者発表を行いました。

神戸市は、阪急電鉄・北神急行から、198億円(税込では217.8億円)で
資産の譲渡を受けます。
この金額は、資産の簿価を大きく下回るとともに、交通局が専門機関に依頼して行った
デューデリジェンスによる資産の評価額の範囲に収まっています。
北神急行に係る残債務は、神戸市、神戸市交通局が引き継ぐことはありません。
この譲渡額を前提に、将来の利用客数を見込み、
地下鉄事業が安定的に経営できるようにしていくことが求められます。

運賃をどの程度まで引き下げられるかについては、今後、国土交通省と協議するなど
法に基づく手続きが必要ですが、谷上~三宮間は、現在の540円を、
280円に引き下げるなど、大幅な引き下げを実現したいと考えています。
実施時期は、2020年度中、遅くとも2020年10月の実施を目指します。

交通事業の一層の効率化を進めるとともに、兵庫県に引き続きご支援をお願いし、
一般会計からの支援についても市会の理解を求めていきたいと存じます。
また、谷上駅、神戸電鉄三田線沿線の各駅の発展可能性を見極めながら、
運賃引き下げの効果が最大限に生かされるよう、
実効的な人口誘導策を講じていきたいと考えています。

▲TOPへ戻る

 

┏━☆
┃2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛ピックアップ~久元きぞうオフィシャルブログ(2019.03.11-04.09)
─────────────────────────────────────

久元きぞうが更新しているブログから、いくつかご紹介します。
ぜひご覧ください。

◆東日本大震災被災地との交流(2019.03.11)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=8701

◆財政当局の残業時間が激減!(2019.03.14)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=8682

◆絵本『会下山物語』(2019.03.17)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=8695

◆イチロー選手、ありがとうございます!!!(2019.03.23)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=8773

◆マイナンバーカードをお取りください。(2019.04.09)
  → http://hisamoto-kizo.com/blog/?p=8822

▲TOPへ戻る

 

┏━☆
┃3┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛神戸の歳時記・4月~北神急行電鉄開業
─────────────────────────────────────

今から31年前の1988年(昭和63年)4月2日に、
神戸電鉄谷上駅と市営地下鉄新神戸駅を結ぶ北神急行電鉄が開業しました。

昭和30年代後半、神戸市北部から三田エリアでは、大規模な団地の開発計画が進んでいました。
この地域の輸送を担ってきた神戸電鉄では、複線化等の輸送力の増強に努めていましたが、
これを上回る需要が見込まれたため、抜本的な対策の必要に迫られていました。

このような状況を受け、昭和53年に神戸電鉄、阪急電鉄と地元経済界による
北神急行線建設委員会が設置され、昭和54年10月に「北神急行電鉄株式会社」が誕生しました。

路線の整備には、7kmを超えるトンネルの工事が必要でした。
この工事は当時の民鉄では最長となるトンネルの難工事でしたが、
7年余りの月日と700億円を超える工事費をかけ昭和63年4月2日に開業しました。

谷上~三宮間の所要時間は、神戸電鉄線経由の約40分が10分となる大幅な時間短縮が実現し、
非常にアクセスに優れた路線となりましたが、巨額の建設費による高運賃のため、
その利用者数は伸び悩みました。
この運賃の低減のため、神戸市と兵庫県が毎年2億7,000万円を補助してきましたが、
初乗り運賃が二重にかかることもあり、谷上から三宮まで8.8kmで540円と、
依然として割高になっています。

そこで、さらなる大幅な運賃低減を図るため、
阪急グループから神戸市に鉄道資産を譲渡する協議が昨年末から行われ、
この3月末に基本合意に達しました。
北神急行線を市営地下鉄と一体運行することにより、神戸市では、
運賃を谷上~三宮間で280円となる水準まで引き下げることを目指しています。

神戸のまちの活性化に大きく寄与することが期待されます。

▲TOPへ戻る

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
久元きぞう後援会連合会に是非ご入会ください
─────────────────────────────────────

神戸市長・久元きぞうへの支援の輪を広げましょう!!
後援会への入会申込みは、久元きぞうオフィシャルサイトから
簡単にお手続きできます。

ご入会は、こちら → https://hisamoto-kizo.com/supporters/support/

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
編集後記(「神戸上昇気流メール」編集事務局より)
─────────────────────────────────────

いよいよ5月から、新しい元号「令和」に変わります。

平成に入る頃は、携帯電話は、ショルダーバッグ状のものや自動車に取り付けたもので、
非常に高価でステータスシンボル的な存在でした。
個人用のパソコンはまだ普及しておらず、
各企業向けにカスタマイズされたオフィスコンピュータ(オフコン)や
ワープロ専用機が一般的でした。

今は、パソコンどころか、小さなスマートフォンで、
いつでもどこでも大抵のことは出来るようになりました。

令和の数十年では、今の常識がどんな風に変わるのでしょうね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバー
過去に配信したメールマガジンもご覧いただけます。
バックナンバーはこちら → https://hisamoto-kizo.com/mailmag/

※配信停止・変更
大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合は、
下記URLより配信停止の手続きをお願いいたします。
 (配信停止) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_3/index.do

また、当メール配信先アドレスの追加登録や変更を希望される方は、
下記URLより変更手続きを行ってください。
 (登録) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_1/index.do
 (変更) https://zheb.f.msgs.jp/webapp/form/20487_zheb_2/index.do

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発 行 元:久元きぞう後援会連合会事務局
発 行 日:2019年4月17日(水)
U R L:https://hisamoto-kizo.com/
お問合わせ:info@hisamoto-kizo.com
住  所 :神戸市中央区磯辺通 4-2-26 新芙蓉ビル 8階
編集・発行:「久元きぞう・神戸上昇気流メール」編集事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2013-2019 hisamoto-kizo.com All Rights Reserved.

本メルマガは著作権により保護されていますが、
皆様のお役に立てるのであれば、商用の場合を除き、
ご自由に転送・転載いただいて構いません。
その際は最下部のクレジット部分(発行元やURL、メールアドレス、
住所等が書かれた部分)を明記願います。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket