活動(2017年1〜6月)

Activity

2017年1月

神戸港開港150年をむかえて

2017年(平成29年)元旦に放映されたNHKの「ゆく年くる年」で、神戸港でのカウントダウンが取り上げられました。
神戸港が開港して150年を迎える今年、神戸港の風景が全国に、そして世界に発信されたことを喜びました。
今年は、開港150年を祝う記念式典や音楽祭、海フェスタなどさまざまな記念事業を実施するとともに、30年後の神戸港のビジョンを策定し、港勢のさらなる拡大・発展をめざします。
神戸のまちの発展は、神戸港の発展とともにあります。
新年を迎え、開港150年を契機に、神戸が更なる飛躍を遂げるために全力を尽くす決意を新たにしました。

平成29年神戸市成人お祝いの会

今年もノエビアスタジアム神戸で、約9,300人の新成人が参加し、神戸市主催の「平成29年神戸市成人お祝いの会」が開催されました。
会場に「幸せ運べるように」が流れ、阪神・淡路大震災の被災者に対する黙祷がささげられました。

私から新成人に対し激励の言葉を送り、8人の新成人代表が誓いの言葉を述べました。
神戸は突然の未曾有の大震災を乗り越え、市民が助け合い励まし合いながら、街を甦らせてきました。
そのような神戸の経験・記憶を、震災を経験していない新しい世代にもしっかりと受け継いでいかなければなりません。
神戸で生まれ育ったみなさんも、神戸に来られてきょうここに集われているみなさんも、神戸で成人を迎えたことを契機にして、大きく羽ばたいていただきたいと願いを込めました。

平成29年「阪神・淡路大震災1.17のつどい」

阪神・淡路大震災から22年の年月が流れました。
震災で亡くなられた方を追悼し、震災の記憶を次の世代に伝えていくため、東遊園地では、今年も「阪神・淡路大震災1.17のつどい」が開催されました。開催にあたっては、多くのボランティアの方々に準備・運営を支えていただいています。
本当にありがたいことです。
東日本大震災から6年を迎えますが、東北の被災地と神戸の間では、現在もさまざまな交流が行われています。神戸の大学生や中高生も東北を訪れ、若い世代の間でも交流がしっかりと根付いています。
月日が流れても、震災を契機とした人々の交流は、豊かな地下水脈のように営々と絶えることなく続いています。
今後も、「1.17のつどい」は、そのような交流の場としても大切にしていきたいと思います。

NPO学生交流拠点「神戸ソーシャルキャンパス」がオープン

学生のNPO活動を支援するとともに、ソーシャルビジネスへの参画・起業へとつなげていく拠点として、三宮のサンパル2階に、NPO学生交流拠点「神戸ソーシャルキャンパス」を開設しました。
外に開かれた、自由でのびのびとした雰囲気の交流拠点が出来上がりました。
大学生で構成される「学生運営委員会」が、活動・起業相談、NPOとのマッチング、フィールドワーク、インターンシップなどの運営プログラムを企画立案し、事務局である「特定非営利活動法人しゃらく」とともに運営を行います。
今後、この拠点を利用し、たくさんの学生のみなさんがボランティア活動やNPO法人の活動を経験してほしいと願います。

「認知症の人にやさしいまちづくり」の推進

昨年9月に開催されたG7保健大臣会合の「神戸宣言」を踏まえ、「認知症の人にやさしいまちづくり条例(案)」の制定をめざす方針を発表しました。
理念や基本的事項を条例で定め、具体的には、認知症高齢者が起こした事故に関する事故救済制度、認知症初期集中支援チームの全市設置、認知症に関する医療介護体制の整備、地域に根差した介護予防事業の推進など、認知症施策を総合的に推進していきたいと考えています。
今後、医療や福祉の関係者、学識経験者、地域団体等の関係者からなる有識者会議を設置し、考え方や方向性を議論したうえで、条例案の上程に向けて準備をすすめていきます。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket