月別活動報告

activities

平成30年6月

スコットランド・アバディーン市を訪問

6月3日から8日まで、スコットランドなど英国に出張しました。
ここ2年近く、海洋産業クラスターに向けた調査、検討を行っており、この分野をさらに推し進めることが目的でした。
スコットランドは、北海油田に近接し、世界トップクラスの海洋産業が集積しており、その中心がアバディーン市です。
すでにアバディーン市とは、民間を含めた交流が進めてきています。海洋産業の振興、水素・再生エネルギーなどの分野で今後のさらなる連携協力を進めることとし、バーニー・クロケット市長との間で意思確認書を交換しました。
海洋人材の育成分野で世界的にも名前が知られているロバート・ゴードン大学を訪問し、人材育成についての意見交換を行い、意思確認書を交換しました。
早速、第1弾として、神戸の若手人材を同大学に短期派遣をすることについて合意しました。
また、ロンドンでは、大使館、JETRO、CLAIRのロンドン事務所を訪問し、ラグビーワールドカップ2019の開催に伴う観光プロモーションの強化についても協力を要請しました。
海洋産業クラスターの形成・集積するにはまだ時間がかかると見込まれますが、次世代産業として有望な分野であり、スコットランドとの交流も進めながら、その具体化を図っていきます。

コンクリートブロック塀の緊急安全点検と対策の実施

6月18日、大阪府北部地震が発生し、高槻市で児童がブロック塀の下敷きになる痛ましい死亡事故が発生しました。
これを受けて、神戸市においても、コンクリートブロック塀の緊急安全点検を実施し、必要な対策を講じることにしました。
まず、6月19日から26日まで区役所、保育所、児童館などの市有建築物について点検をした結果、ブロック塀があると確認されたものが286施設あり、現時点で現行の基準法に適合していないと確認できたもの(高さが法令上の基準を超えるもの、あるいは控え壁が不足しているもの)が12施設ありました。
また、市立の小学校、中学校、幼稚園、高等学校などの学校園についても、6月19日と20日に点検を行い、ブロック塀があると確認されたものが72校園で、これらのうち、現時点で現行の建築基準法に適合していないと確認できたものが19校園あることがわかりました。
この確認できた31箇所の施設・学校園については、速やかにブロック塀の撤去などの対応をしていきます。
個人住宅についても、所有者や管理者の方に対してコンクリートブロック塀の点検を呼びかけ、適切に対応していただくようにお願いしていきます。
民間所有の危険なブロック塀の撤去を進めるため、通学路はもちろん、道路や公園などに面したブロック塀の撤去に要する補助を実施することとし、9月議会において補正予算案を提案することにしました。

2018年度の「Urban Innovation Kobe」がいよいよ始動

「アーバンイノベーション神戸」は、スタートアップと行政が一緒にコラボレーションをして地域課題を解決するプロジェクトです。
市が抱える課題に対して、スタートアップのみなさんからいろいろな知恵、アイデアを出していただき、その解決に取り組むという、国内自治体では初めての試みです。
平成29年度から実証実験として行ってきましたが、今年度から全庁的に展開することにしました。
神戸市からの8つの課題に対して、日本全国から60社の応募があり、最終審査会で6つの課題に取り組む7社を選定しました。

①「子育てイベント参加アプリの実証開発」(ためま(株))
②「地域統合バスロケの整備実証実験」((株)トラフィックブレイン)
③「地域コミュニティ交通の予約システムの実証開発」(コガソフトウエア(株))
④「行政窓口をスムーズに案内できるツール」(ACALL(株))
⑤「レセプトチェックの自動化実証」(FlyData(株)・(株)モンスター・ラボ)
⑥「革新的プロモーションツールの実証実験 三宮の再整備」(ディグランド(株))

※詳しくはホームページへ ⇒
http://urban-innovation-kobe.com/past/

これから開発実証実験を行い、その成果が出そろった段階で、他の自治体関係者や投資家などをお招きして、成果の発表会を実施したいと考えています。

子育て世帯の銭湯利用促進事業等の実施

市内には、39軒の銭湯があり、地域のみなさんのふれあいの場としても親しまれています。
で子育て世帯のみなさんに親子で銭湯を楽しんでいただくために、6月1日から親子割引を始めることしました。
月4回を上限として、親子で銭湯を利用すると子ども(18歳以下)の入浴料金が無料になります。
さらに、子ども1人につき親1人の料金430円が210円に割引となります。
広いお風呂で足を伸ばし、ゆっくり親子の時間を楽しんでください。
※詳しくはホームページへ ⇒ 
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/hygiene/nyuyokujosei.html

子育て世帯の経済的負担を軽減するため、7月からは「しあわせの村の駐車場無料」、8月からは「自転車駐車場半額」、9月からは「北神急行電鉄を利用する高校生の通学費助成」を実施し、子世帯への支援を展開していきます。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket