活動(2016年7〜12月)

2016last

平成28年9月

県・市国際ビジネス支援窓口の一本化

企業の海外展開を支援するための組織としては、神戸市の「神戸市海外ビジネスセンター」と、兵庫県の「ひょうご海外ビジネスセンター」があります。
二つの国際ビジネス支援窓口を一本化するため、「神戸市海外ビジネスセンター」を「ひょうご海外ビジネスセンター」の隣接区画に移転させることとし、新事務所をオープンしました。
窓口が一本化されることで利用者の利便性が高まるほか、両センターの日常的な情報共有が促進され、それぞれの持つネットワークや資源を生かした事業の展開・PRが可能になります。
「神戸市海外ビジネスセンター」の新オフィスには、テレビ電話会議室を設置し、海外現地法人とのミーティングや海外在住講師によるセミナーなど、今まで以上の支援が可能となりました。
経済のグローバル化がますます進む中、産業政策の海外に向けた新たな展開は極めて重要です。
ひょうご・神戸経済の活性化のためにも、両センターやJETRO神戸などがこれまで以上に連携できるよう工夫していきたいと考えています。

神戸弘陵学園高等学校女子硬式野球部の表敬

第20回記念全国高校女子硬式野球選手権で「神戸弘陵学園高等学校女子硬式野球部」が、見事全国優勝を果たされ、優勝報告のための表敬訪問を受けました。
この大会は、高校女子硬式野球の日本一を決める「女子の甲子園」とも呼ばれる大会で、神戸弘陵学園高等学校女子硬式野球部は、創部わずか3年目での快挙です。
当日は、井上校長をはじめ石原監督のほか、コーチ、選手のみなさんが市役所に来訪されました。
主将を務められた駒井莉子選手からは、今後の抱負を力強く語っていただきました。

G7神戸保健大臣会合の開催

9月11 、12日の2日間にわたり、G7神戸保健大臣会合が神戸ポートピアホテルで開催されました。
日本からは塩崎恭久厚生労働大臣が出席され、各国閣僚をお迎えして、2日間の議論が活発に取り交わされました。
オープニングでは、相楽園会館において小学校の児童126 名も参加し、各国閣僚を神戸ビーフや灘の酒などでお迎えする「歓迎レセプション」が開催されました。
また、「ひょうごKOBE医療健康フェア」を開催し、iPS 細胞の展示やドクターヘリの展示などを通じて神戸医療産業都市や医療・健康への取り組みなどを紹介したほか、会合出席者に対し、私から神戸医療産業都市の世界最先端の研究や革新的な医療技術などについてプレゼンテーションを行いました。
活発な議論は「神戸宣言」として取りまとめられました。
今後は、この会合で得られた成果を市民に還元し、神戸の未来につなげる取り組みにつなげていかなければなりません。
会合終了後、早速、神戸市として、認知症の予防・早期介入プログラムの構築や認知症に優しいまちづくりの推進、さらにはITを活用した感染症管理体制の強化を進めることとし、記者会見で発表しました。

神戸空港コンセッションの公募に関する実施方針の策定

6月の市会で議決された、神戸空港の運営権譲渡(コンセッション)を行う前提となる条例改正を踏まえ、公募に関する実施方針を策定しました。
神戸空港のコンセッションは、民間事業者の創意工夫によって、神戸空港、関西国際空港、大阪国際空港の3空港一体運営に資する施策を講じ、関西全体の航空輸送需要の拡大や神戸経済の活性化に貢献し、同時に、神戸空港について、民間事業者の資金、経営能力を活用することで一体的かつ機動的な空港運営を実現することを目的としています。
方針では、コンセッションの事業期間は、平成30年度から71年度の42年間(合意があれば最長10年間の延長も想定)とし、滑走路、航空灯火施設、駐車場、ターミナル施設等に運営権を設定することとしています。
運営権者は、自らの経営判断で着陸料、旅客取扱施設利用料、事務所や店舗・テナントの賃借料等を設定・収受し、これらの収入で事業を実施します。
運営権の対価は、①事業開始前に支払う対価、②事業期間中、毎年度支払う対価、③事業年度の収益に連動する負担金 の3種類です。
今後、10月ごろに募集要項を公表し、提案審査書類の提出、優先交渉権者の選定、基本協定の締結等を経て、平成29年の10月ごろに実施契約を締結、平成30年の4月ごろに新しい運営事業者による事業開始というスケジュールを想定しています。

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket