「私が歩んできた道」(2)東京での学生時代|第16代神戸市長 久元きぞう公式サイト -神戸上昇気流-

1972年(昭和47年)

4月、東京大学文科一類に入学しました。

小田急線で、新宿から2駅目の、参宮橋駅近くにある兵庫県育才会 尚志館に入寮しました。
篠山鳳鳴、八鹿、加古川東、姫路西、灘など兵庫県の出身者ばかりで、楽しい日々を送りました。 
まだ、世の中が落ち着いていなくて、新宿駅で争乱もときどき起きていました。

教養学部LⅠⅡ8B の担任は、英文学の中村健二先生でした。
クラスの同窓会は、今まで毎年続いています。

現在、東京大学名誉教授の中村健二先生は、
岩波文庫から、『続審問』(J.L.ボルヘス作、2009年)、
『汚辱の世界史』(J.L.ボルヘス作、2012年)、
『愛されたもの』(イーヴリン・ウォー作、2013年)を訳出するなど、意欲的に活躍されています。

また、教養学科の国際関係論・平野健一郎先生のゼミに入り、政策決定過程を勉強しました。

本郷の法学部に進学し、巣鴨の下宿にしばらく居た後、東大の豊島学寮に入りました。
古い木造の寮でした。
大学では、まず、行政学の西尾勝先生のゼミに入りました。テーマは、住民参加でした。
西尾勝先生には、1995年、内閣官房内政審議室で地方分権の推進に関わって以来、
今日まで一貫してご指導をいただいています。

続いて、国際政治の坂本義和先生のゼミに入りました。
2011年、坂本先生のご著書『人間と国家 ある政治学徒の回想 上下』(岩波新書)が刊行され、朝日新聞に坂本義和先生のインタビューが掲載されました。
失礼を顧みず、お手紙を差し上げたところ、私のことを覚えていてくださり、ご丁寧なお返事をいただき、感激しました。
坂本義和先生は、2014年10月逝去されました。多くの追悼記事が掲載されました。

(3)昭和の自治省・自治体勤務
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket