東灘区における政策|第16代神戸市長 久元きぞう公式サイト -神戸上昇気流-

東灘区における政策

東灘区の特徴

  1. 清流住吉川と六甲山に代表される自然豊かなまち
  2. 芦屋・西宮に連なる阪神間は、大阪など他の地域から見て住みたいまち、あこがれのまち
  3. だんじりなど伝統文化
  4. 灘五郷を形成する御影郷・魚崎郷の酒どころ、伝統産業とスイーツのまち

東灘区の課題

  1. 転入者が多いことに伴う子育て施策へのニーズ
  2. 地域における減災に向けた取り組み
  3. マンション居住者の増に伴うコミュニティ再生の必要性
  4. 六甲アイランドの活性化
  5. 東灘ブランドの発信、維持向上

東灘区のヴィジョン

地域の防災対策、高齢者の安全確保など、安全なまちの実現に取り組みます
○区南部において、防災計画で津波・浸水のリスクが指摘されているエリアでは、地域住民の皆さんが企業と協力し、行政とともにリスクマネジメントに取り組むほか、高齢者など災害時要援護者の安全を確保するなど、地域でのリスク意識の共有を図ります。
○まちなかに出没し人身被害を出す、庭やごみステーションを荒らすといった被害が出ているイノシシやアライグマなど野生動物・特定外来生物の被害防止に努めます。
子育て環境を充実させます
○過密な状態にある地域での学童保育コーナーの増設など安心して子どもを預け、働ける環境の充実に努めます。
○民間事業者と連携して、マンションの集会所などを活用した出張の子育てサークル活動の開催を支援するなど、妊娠時から継続したよりよい子育て環境を作ります。
地域コミュニティを再生します
○民間マンションの住民に対しては、開発業者や管理会社の協力も得て、マンションセミナーの実施や周辺のコミュニティとの交流を図ります。
○だんじりや神社など、区内の伝統的な地域資源を活用して、新しい住民と従来のコミュニティとの交流を促進します。
東灘図書館跡の活用方法については、保育所耐震工事終了後は、図書館機能の一部存続や、地域住民の皆さんが利用できる施設への転換など、地域住民の皆さんの意向を十分に汲み取ります。
六甲アイランドを再びかがやくまちにします
○六甲アイランドビル、P&G本社跡や神戸ファッションマートに、所有者とも連携して企業を誘致し、六甲アイランドを新たな神戸の産業の拠点とし、まちの賑わいを再生します。
○六甲アイランドを子育て環境、新たなコミュニティの形作り、企業と市民との共存共栄など、地域住民の皆さんと企業が知恵を出し合い地域課題を解決する神戸のモデル地域と位置づけ、それに必要な環境を整えます。
○神戸ファッション美術館や小磯記念美術館に子ども達の創作活動の機会や、芸術家・デザイナーの卵の表現・発表の場を設けるなど、東灘・神戸の文化を支える拠点とするとともに、施設や企画のプロモーションに力を入れます。
○六甲アイランド内に、引越しシーズンにおける臨時行政窓口を開設するなど行政サービスの充実に努めます。
子どもや孫の世代にあこがれの街並みを遺すとともに、東灘ブランドを発信します
○酒蔵周辺や住吉川沿岸などの景観保全に向けた地区計画の策定、阪神間モダニズムの伝統の継承など、個性豊かな各地域の魅力を向上させ発信します。
○地域のシンボルである御影公会堂の耐震改修に着手し、末永く愛される施設となるよう必要な改修を実施します。
○酒造メーカーのビジネス支援や、日本酒関連産業の海外展開支援などを通じて、酒造メーカーによる東灘の誇りである灘五郷の歴史と伝統の保全、継承を下支えします。また、新しい東灘の魅力でもある東灘スイーツについて地域、事業者とともに積極的に発信します。
区内の交通問題を解決します
○区内の南北交通は神戸市バスが支えていますが、これを補完するコミュニティバスなどの可能性を住民・民間事業者とともに検討し、高齢者をはじめとする区民のモビリティを向上します。
○阪神電鉄の住吉駅~芦屋市境の連続立体交差事業を進め、踏切の解消による渋滞や事故を解消し、南北に分断されている地域の一体的なまちづくりを早期に実現します。
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket