道の駅「フルーツフラワーパーク大沢」オープン

神戸フルーツフラワーパークに、道の駅がオープンしました。
愛称は、FARM CIRCUS
レストラン、販売施設、休憩施設などを兼ね備えた拠点です。

きょうは、春らしい陽光に包まれ、たくさんのみなさんが、待ち望まれた「道の駅」のオープンを祝いました。
建物には、木材がふんだんに使われ、柔らかで、おしゃれな雰囲気が漂います。

食材には、北区など地元の食材が使われています。

「食都神戸」を象徴する新しい魅力が加わりました。

4年少し前、私が神戸市役所に務め始めたころは、フルーツフラワーパークには、暗雲が漂っていました。
入場者数は減り続け、施設は老朽化し、外郭団体は多額の負債を抱え、フルーツフラワーパークの存続そのものが危ぶまれていました。

矢田市長の決断によって、ホテルを運営していた㈱神戸ワインは清算することとし、神戸市の債権放棄は議会で議決されました。
ホテルは民間譲渡され、いま、観光客でにぎわっています。
また、新たに、最先端の技術を導入した農業生産支援施設も整備されました。
そして、今回の「道の駅」のオープンによって、フラワーパークは、完全に蘇りました。

私からは、きょうのオープンに至るまでの経過に触れながら、開設にご支援、ご協力くださいましたみなさまに感謝を申し上げるとともに、今後の北区における農業振興と地域活性化、「食都神戸」構想の推進についての決意を申し述べました。