神戸市長久元 喜造ブログ

瀬戸内 地魚の魅力

周囲を海に囲まれた我が国の沿岸部は、どこでも海の幸に恵まれています。
それでいて、身近な魚介類に意外と目が向いていないのではないでしょうか。
世界中からマグロを買い集めるのも悪くはないかもしれませんが、もっとすぐ近くで獲れる魚介類も味わいたいと、ときどき思います。

神戸の須磨、垂水から淡路島に至る海域は、おそらく、日本で最もおいしい魚介類が獲れる場所のひとつです。
蛸、鯛、鱧、穴子、鮃、車海老などが有名ですが、あまり知られていないけれども美味しい魚がたくさんあります。
下の写真は、明石で獲れた「タモリ」。
蒸していただきましたが、とても美味でした。
tamori

次は、淡路のマナガツオ。
かなり脂が乗っています。
managatsuo

瀬戸内には、ほかにも好漁場がたくさんあります。
愛媛沖で獲れた、胡椒鯛の刺身。
真鯛とは、また違った味わいです。
sennendai

瀬戸内の海の幸は、ものすごく多彩です。
あまり出回らない珍味があり、もっと知られてもよいのではないでしょうか。

「食都KOBE」の発展可能性はいろいろありますが、瀬戸内の地魚を使ったさまざまな料理が味わえることを、もっとアピールしてもよいのではないかと思います。