久元 喜造ブログ

2020年9月20日
から 久元喜造

小山俊樹『五・一五事件』

「海軍青年将校たちの「昭和維新」」のサブタイトルにあるように、主役は日本海軍の青年将校たちでした。 1932年(昭和7年)年5月15日夕刻、海軍の青年将校と陸軍の士官候補生たちは、4組に分かれ、総理大臣官邸で犬養毅首相を … 続きを読む

2020年8月8日
から 久元喜造

白川方明『中央銀行』

前日本銀行総裁、白川方明氏による 750ページ近い大著です。 私は金融の素人で、本書に出てくる用語、特に英語の意味がときどきわからず、調べながら読み進めたこともあり、通読するのにかなりの時間がかかりました。 本書中の感銘 … 続きを読む

2020年6月6日
から 久元喜造

指昭博『キリスト教と死』

神戸市外国語大学学長・指昭博先生のご著書です。 あらためてキリスト教の死生観について学ぶことができました。 天国とは何か、地獄とは、最後の審判は何を意味するのかなど、キリスト教の教義をなす基本的な概念が、絵画や壁画、墓標 … 続きを読む

2020年3月15日
から 久元喜造

大木毅『独ソ戦』(岩波新書)

著者は、本書の冒頭で独ソ戦の性格をこう断定します。 ヒトラー以下のドイツ側指導部にとって、対ソ戦は「世界観戦争」であり、「みな殺しの闘争」、「すなわち絶滅戦争にほかならなかった」と。 これに対し、スターリン以下のソ連指導 … 続きを読む

2020年1月19日
から 久元喜造

池内紀『ヒトラーの時代』

昨年8月30日にお亡くなりになったドイツ文学者、池内紀 さんの最後のご著書です。 池内さんは、ドイツ文学やモーツァルトの音楽を語りながら、最後までナチス・ドイツとヒトラーに並々ならぬ関心を持ち続けられました。 本書には、 … 続きを読む

2019年12月30日
から 久元喜造

本庶佑『がん免疫療法とは何か』

ノーベル生理学・医学賞を受賞され、神戸医療産業都市推進機構理事長としてご指導をいただいている本庶佑先生のご著書です。 がんとは何か、から説き起こされ、画期的ながん治療法、PD−1抗体による免疫療法がどのようにして確立され … 続きを読む